パワハラの横行する職場の特徴

パワハラが横行する職場は、上司が怖くて仕事が手につかなくなり、その結果、萎縮してしまい職務へのモチベーションが喪失するなど、負の要素を多く含みます。しかし、上司の態度が温和な職場は、些細なミスも少なく、看護職に従事する上でもモチベーションが上がる為、トラブルを招く事も少なくなるのが特徴です。さらに、理想的な職場では、上司の威嚇的な行為や言動により鬱病を発症したり、精神的に不安定になってしまう事もなく、精神面の健康状態も維持することができます。その結果、患者への対応にもプラスに影響するので、就労環境は看護師においても重要なポイントです。
看護師がパワハラを回避するには、上司の性格、職場の雰囲気、患者に対する看護師の数など、様々なポイントを検証する事が大切です。上司の悪口や愚痴がない職場は、良好な関係性が構築できており、指導者の能力も優れているため、職員の勤続年数が長くなる傾向があり、早期退職などが見られません。パワハラと思われがちな長時間の拘束でも、部下の看護師としての成長を促す事が目的であったり、より高い技術を習得させる事が目的である場合には、パワハラには該当しません。
しかし、雑務などで仕事量が多く、給与に反映される事がないような場合にはパワハラに該当してしまい、正社員として働く看護師の定着率も低くなる傾向が見られ、良好な勤務先とはならないケースがあります。
これらのことから、職場の雰囲気や離職率の確認は、働きやすい職場を見極めるための重要なポイントです。

Leave a Reply