パワハラにあったらやってほしいこと

どのような会社も上下関係によって成り立っているので、パワハラに耐えながら働かなければならない場合もあります。こうした仕打ちは簡単に人間の心を打ち砕き、鬱病にしてしまうことがあるため注意が必要です。
パワハラに耐えながら出世して行くためには、どのような対策が必要なのでしょうか。最も大切なのは事態を自分一人で抱え込まない事です。特に上司や先輩から精神的な攻撃をされている場合、自己嫌悪に陥ったり仕事のミスを悔やみがちですが、必ず信頼できる仲間に愚痴を言うようにしましょう。そうすることで自分だけがミスを犯しているわけではないことが分かり、問題も共有してもらえます。特に人事に関わっている上司に話を聞いてもらえば問題解決のために動いてもらえる事もあるでしょう。
それでも過度なパワハラに耐え切れなくなってしまった場合、公的機関が設けている労働関係の相談所に連絡を入れるようにしましょう。中には問題を解決するために労働者と雇用主の間に入ってくれる機関もあります。公的機関に相談することに抵抗がある方は、転職してしまうのも一つの手です。
残業代や賃金が正確に支払われない場合は法的な問題が発生するので、第三者的機関に動いてもらう方がいいでしょう。会社組織は閉塞的な場所のため、学校と同じように「いじめ」めいた問題が起きやすいものです。そのような場所には「外」の風を入れる事が欠かせません。会社組織よりも上位にある法で問題を裁く事でトラブルを有効解決できますので、まずは相談するようにしましょう。

Leave a Reply